オンライン開催の裏側!三田祭当日の様子をインタビュー

Pocket

今年度はオンライン開催となった慶応義塾大学の三田祭。
当日はどのように運営されていたのでしょうか?
AGESTOCKは、三田キャンパスにお邪魔して、本祭実行委員長の柴田さんにお話しを伺いました。
 

※2019年の写真

三田祭実行委員会
【公式Twitter(@mitasaiPR)】
【公式Instagram(@mitasai_pr)】
1年生…50名 
2年生…50名 
3年生…50名 
4年生…50名
第62回スローガン…
「若きチカラ、燃ゆる血から」

 

-目次-

 

1.当日の会場の様子

 
アルコール消毒と検温を済まして入校!
例年なら来客で賑わっているキャンパスも、委員の方と出演者しかいません。
校内には至る所にアルコールスプレーが配置され、徹底された感染症対策が行われていました。
 

昨年度の風景

 

今年度の同じ場所の風景

このように、昨年度と比べたら歴然の違いです。
 

2.どのように運営しているの?

校舎に入り、本部でお仕事をしていた柴田さんにお話しを伺いました。

伝統の三田祭半被を着た柴田委員長

 
・今はどんなお仕事をされていますか?

基本的に本部にいてトラブル対応委員のシフトの調整を行っています。
今のところ感染者が出たとか、配信が上手くいかないなどのトラブルはありませんね。
高熱の人が出たときの対応方法を決めたり、体温の提出なども行っています。
あとは、団体の人数や入退場の時間も管理して、感染リスクを下げるようにしています。

 

本部の仕事風景

 
・何か心配していることはありますか?

やっぱり感染者を一人も出してはいけないという所ですね。具合が悪い人はすぐに帰るようにするなど、委員の健康状態を万全にすることが三田祭成功のカギだと思います。そこを徹底したいですね。

 

3.オンラインの思わぬメリット

・オンラインで運営しやすくなった点はありますか?

人がいないので、来場者に関する心配が無くなりました。不審者が入ってしまったとか、ステージに人が押し寄せて危ないとか、
そういった状況は無くなったので、運営はしやすくなりました。

あと、例年は運営側は企画を見れなかったのですが、今年度は気軽に見ることができるので良いと思いました。
これは委員に限ったことではなく、出演者の方も出番までスマホでステージを見ることができるので、今までなかった利点だと思います。

 

メインステージの撮影風景

 

4.対面でしか出せない魅力

 
・対面でないと実現できない、と感じた所はありますか?

やはりその場でパフォーマンスを披露できない、という所ですね。
キャンパスに来てパフォーマンスをする、又は見ることが、出演者と来場者にとっても三田祭の大きな要素だと思うので、その分生配信は大事にしています。
今年はメインステージに出られる団体様も限られてしまっているので、その分委員でしっかり運営していこう、という思いはあります。

転換中のCMも色んな団体さんと協力して撮ったので、隙間時間すらもこだわっている所を見てほしいです。
コロナの影響で転換が25分とかなり空いてしまうのですが、その瞬間すらもお客さんを飽きさせないように工夫しています。

 

5.後夜祭での最後の言葉

そして2日目、後夜祭の最後に行われる委員長のスピーチを聞かせて頂きました!

三田祭は今まで61年間、塾生の輝く場として存在し続けてきました。
そんな三田祭をオンラインにて開催するということは、本当に簡単なものではありませんでした。
数々の課題に直面し、時にはプレッシャーに押しつぶされそうになることもありました
それでも、現状に立ち向かい、挑戦を続ける委員の姿に勇気づけられ、三田祭の開催を決意しました。

全てが収まって日常が戻ってきたとき、それは来年かもしれないし10年後かもしれないけど、その時は今日よりもっと大きくなって三田祭は戻ってきます。
第62回三田祭に参加して頂き、本当にありがとうございました。

 

6.さいごに

いかがでしたか?
委員長のお言葉のように、日常がいつ戻るのかは誰にも分かりません。
しかし、先が読めない世の中でも、学生の熱意が消えることはないということが伝わりましたね。
来年の開催がどうなるか分かりませんが、どのような形態でも三田祭は進化し続けます。
是非、これからの慶応義塾大学、そして三田祭に注目してみてください!