【UNIDOL2019 Fresh magenta/skyblue】今、最も熱い女子大生の戦いUNIDOL!新人戦優勝チームにインタビュー!

Pocket

こんにちは~もうすぐ2019年が終わってしまう現実が怖いうさです…早いですね…。

さて、私たちは10/8、10/9に新宿ReNYにて行われたUNIDOL2019 Fresh magenta/skyblueに行って参りました!!!

UNIDOLの中でも、この「fresh」大会は新人メンバーによって構成される大会です。

新人メンバーとは思えないほど、どのグループも完成度が高く、観客との一体感も感じられました。

二日間ともすごい盛り上がりでしたよ♪

そんなこの大会で優勝された上智大学のSPH mellmuseさん、成城大学の成城彼女さんの二組にお話を聞くことができました!

優勝直後のインタビュー、必見です!!

上智大学 SPH mellmuseさん

ー優勝おめでとうございます!感想をお聞かせください。

「ありがとうございます。今まで頑張ってきてよかったなと思いました!」

ーこのFresh大会は始めて一年目の方の大会ということで、始めた理由をお聞きしたいです。

「SPHを高校生の時から知っていてずっと憧れていた人もいれば、アイドルが好きでやってる子もいたりとメンバーによりけりですね。でもみんなアイドルが好きなことは共通してます!

ーSPHさんの中で人気が高いアイドルの方はいらっしゃいますか?

「坂道、ハロプロ、=LOVEさんの三つぐらいに分かれてます(笑)」

ー衣装がすごいと思ったのですが、衣装はどのようにされているのですか?

「衣装係というのがあり、自分たちで作っています。衣装を作るのも初めてで、ギリギリになってしまってメンバーに迷惑をかけたりもしたけれど、歴代の先輩にアドバイスをもらいながら衣装を作って、評価されたのはとても嬉しかったです!」

ーこれからの目標を教えてください!

「今年の夏決勝に出場したのですが、賞に入れず悔しい思いをしたので、それのリベンジをしたいと強く思っています!」

ー頑張ってください!

「ありがとうございます!!」

成城大学 成城彼女さん

ー優勝を聞いた時の感想があればぜひお聞かせください。

「舞台上4人と客席3人に分かれていて、客席組はみんなくっついてドキドキしていたのですが、舞台上の3人がもう比にならないぐらい緊張していて(笑)でも結果を聞いたときに一気に顔が明るくなって、嬉しいのは一番なんですけど、ここまでみんなすごく頑張っていたのを見ていたので、報われて本当によかったなと感じました。」

ーこの大会に臨むにあたって、辛かったことがあれば教えてください。

「成城彼女は実績があるグループなので、それを引き継いで、絶対優勝しなければいけないというプレッシャーはありました。直前の最後一週間ぐらいは熱を出したり咳き込んだりした人もいるほど頑張りました。」

ーこの大会は始めて一年目の方の大会ということで、始めた理由をお聞きしたいです。

「友達がやっているのを見て憧れを抱き、大会を見に行ったりしているうちに興味を持ったという人もいれば、高校生の頃から成城彼女のファンで、成城彼女をやるためにこの大学を受験した!という人もいます。」

ーこれからの目標があればお聞かせください。

「Fresh大会の練習を始める前に立てた目標が「Fresh優勝だけで終わらせたくない、冬の大会の時に他のチームに強いと思われるような、ちゃんとした戦力としてみてもらいたい」というもので。それが一位を取りたいという一番の理由でした。なのでこれからも引き続き頑張っていきたいです。」

 

おわりに

いかかでしたでしょうか。

舞台上では笑顔で踊っていても、その裏には計り知れない努力と苦労がありました。

きっとそんな影の努力があるからこそ、輝いて見えるのでしょう。

彼女たちに夢中になるファンのみなさんの気持ちがわかる気がします。

私もすっかり応援したくなりました…!

これからも成長していく彼女たちから目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です