「ちくわ」のポテンシャルがある意味凄かった件

Pocket

最近の大学生っておしゃれな場所にいってはインスタに写真あげていますよね。インスタのために飯を食い、インスタのために旅行し、インスタのために留学してる。そんな気がします。

でも、今まで見たことがないんですよね、、、、

「ちくわ」の写真をあげている人。

「なんで、ちくわをインスタにあげてあげないの?ちくわにもキラキラさせてやれよ!みんな家ではちくわみたいな素朴なものばっか食ってるくせに…」と、普段から不満に思っていた筆者は、「ちくわ」をインスタ映えさせようと試みてみました。

果たしてそのポテンシャルは如何に…

 

 

1. 歩道橋と「ちくわ」

【写真を見た人のコメント】

マスケット銃のように掲げられた「ちくわ」の果敢さには、あのドラクロワさえも賛嘆を禁じ得ないだろう。まるで1億2千万市民の不満を抱える日本国体制への爆発をシンボライズしたかのような名作と言える。

 

 

2.窓際の「ちくわ」

【写真を見た人のコメント】

気力と体力を無くし疲れ果てた「ちくわ」が脱力的に倒れ込んでいるが、だからこそある種のモニュメンタルな印象を受けるのだろう。まるで全てを悟ったかのようなその佇まいはこの作品が傑作たる所以である。

 

 

3.階段と「ちくわ」

【写真を見た人のコメント】

人間の肉体の間に挟まった「ちくわ」が、空虚な空間と合わさることで私たちにメランコリックな印象を与えてくる。まるで知への飽くなき探究心を失った人間への挑戦的なメッセージとして捉えることができるだろう。

 

 

4.新宿の街並みと「ちくわ」

【写真を見た人のコメント】

一見何の変哲も無い「ちくわ」の様相を呈しているが、そこには新宿という都市へのアンチテーゼ的な意味合いが含まれているのだろう。まるでルーラル地域から解き放たれた子供のような「ちくわ」の眼差しはまさに圧巻そのものである。

 

いかがでしたか?

皆さんも暇があれば是非「ちくわ」インスタ映えさせてみてください。

恐ろしい虚無感に襲われることでしょう!
今回は、、、、以上です。

 

ちなみに余談ですが、筆者は「ちくわ」を切って食べるより、丸ごとかぶりつきたい派です。

※撮影に使われた「ちくわ」はこの後丁寧に洗い、加熱処理した上で編集部員が美味しくいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です