真夜中の渋谷で物々交換

Pocket

 

 

どうも!

今回、我々ウェブマガジンAGESTOCKは真夜中の渋谷にて「わらしべ長者」を行いました!

ちなみに「わらしべ長者」とはある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換していき、最後には大金持ちになる話です。

 

メンバーは3人。まずは、108円の黒ボールペンから開始しました。

そして、私たちがわらしべを行なったのは深夜0:30〜早朝5:00までの間です。

真夜中の渋谷は何が起こるか分かりません(いろんな意味で)

私たちは期待と不安を胸にまずは渋谷はハチ公前にてこのような紙を持って、人を待ちました。

 

まずは5分ただ突っ立っていました。

・・・・・・。

待っているだけでは何も起こりませんでした笑

しかし、我々は過ぎゆく人々を見て、一つのことに気がつきました。

「外国人さん多いな。」

そこで英語表記の看板を新たに作成し、わらしべを再開しました!

 

 

0:39 私たちはほろ酔いの会社員の男性一人に

「何やってんの、それ おもろそうじゃん!」

と声をかけられました。 「来た!!」

チャンスだと思った我々は必死でボールペン一本より何か少しでも良いものと交換できないか必死に説得!!

・・・交換はしてもらえませんでしたがなぜか一緒に声かけを協力してもらえることに笑

しかも、その男性が声をかけた四人の大学生が物々交換してくれることに!!!

 

0:39 ボールペン一本(新品)→ボールペン二本(ほぼ新品)

 

一本の新品ボールペンが二本の少しだけ使ったボールペンになりました笑!

でも、交換したことには変わりないですし、少し価値も上がりましたね!

声かけしてくれた男性はそこで解散しましたが、とても大きな一歩を踏み出すことができました、ありあとうございました!

 

0:45 3人の会社員に声をかけられました。

そのうちの一人が取り出したのはなんと又吉直樹さんの新作「劇場」!!!

「それ交換しませんか?」

私たちは勇気を振り絞って言ってみました・・・

「良いよ。」

ホントですか!!!!笑 もちろん喜んで交換しますよね笑?

 

0:45 ボールペン二本→又吉直樹さん新作 「劇場」

 

「劇場」を手に入れて自信がついた私たちはスクランブル交差点前へ移動!

 

 

1:00 声かけを続けていた私たちは二人の会社員に出会います。

なんとその二人はメンバーのうちの一人のインターン先の上司でした笑

そんな不思議な縁もあり、二人も一緒に声かけしてくれることに!

 

 

・・・今回はここまで! ここから私たちのわらしべは一体どうなっていくのでしょうか?

渋谷の夜はまだまだ始まったばかりです、次回お楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です