『BüG-TRIPPER』スペシャルインタビュー【Next Age Music -Vol.1-】

Pocket

Next Age Music -Vol.1-

2023年11月10日(金)Shibuya Milkywayにて今後の音楽シーンを支えていくこと間違いなしの3バンドを招き「Next Age Music -Vol.1-」を開催する。

今回は強さとしなやかさを兼ね備えたサウンドで魅了する4ピースバンドBüG-TRIPPERのスペシャルインタビューをお届けします!

夢へ挑む勇ましい姿で力強く心を揺さぶるメロディーをかき鳴らし、リスナーの背中を押してくれるBüG-TRIPPER。ただ、力強いだけではなく、優しいサウンドで私たちの心に寄り添いながら支えてくれる様々な魅力を兼ね備えたバンド。魅力たっぷりの彼らの歌に込められた思いを透明感のある歌声とパワフルな演奏を生で聞いて魅了されないわけがない!心奪われ、楽しめること間違いなし!

ここでは、彼らの音楽に対する思いから学生の時のエピソードまでを一挙大公開しちゃいます!

インタビュー

『Next Age Music vol.1』について

ー今回、学生団体主催のライブにご出演を決めてくださった理由をお聞きしてもよろしいでしょうか?

【Vo.Kota】僕等は、バンドの中で “常に挑戦し続けること”を意識して活動しています。今回お誘いいただいた『Next Age Music』も “第1回目”ということで、新たな挑戦を応援したい気持ちがありましたし、自分達的にも新たな出逢いがある気がしていてお話をいただけて嬉しかったのを覚えています。

 

 ー今回のライブのセットリストに込めた思いや注目してほしい点などがあればお伺いしたいです。

【Vo.Kota】今回のセットリストにタイトルをつけるとすれば “自分らしく輝け” になるかなと思います。

対バンするArakezuriさんや、MOCKENさんとは少し違うスタイルのバンドなのですが、その中でBüG-TRIPPERというものを貫いて、その場にいる誰かの心を震わせたい。それが今回伝えたいメッセージにも繋がってくるので、自分達らしくぶつかっていこうと思っています。

身体を動かしたり、声を出したり、じっくり見たり。様々な楽しみ方ができるセトリだと思うので自由に楽しんでください。

 ーセットリストのなかで特に学生に届けたい曲を教えてください。

【Vo.Kota】バンドで初めて出したCDの中に、バンドの名前をタイトルにした『バグトリッパー』という曲があります。

まだ僕等は始動してから2年半程ですが、これまでの人生を踏まえた上で、これから “旅” に出る自分達を鼓舞するような曲を作りたいと思って書いた曲です。

色々な葛藤があったり、希望と失望が入り混じる学生時代。それでも自分を信じ突き進み続けることで開ける未来があるということを、自分達に向けたこの曲であなたにメッセージとして音で届けたいと思っています。

学生時代について

ーどのような学生生活を過ごされていましたか?

【Vo.Kota】 音楽活動と勉学を両立するのに必死になってた記憶がありますね。体力ギリギリで駆け抜けてました。

【Gt.Yuki】大体寝て過ごしていましたね。

【Ba.Kento】ほとんどバンドをしていたと思います。

【Dr.Tsukasa】基本的に自由に生活してました。気の向くままにサボったり遊んだり、勉強したりという感じです。

 

ー学生の時の一番の思い出を教えてください。

【Vo.Kota】誕生日に友人達にサプライズで祝ってもらったことですね。誰かを祝ったり楽しさを届ける気持ちって人を幸せにするんだなって改めて感じた瞬間でした。

【Gt.Yuki】学生だったこと自体が1番の思い出みたいになってるところがあります。

【Ba.Kento】学園祭のメインステージでバンドの演奏したことです。

【Dr.Tsukasa】たしか夏だったと思うのですが、昼休みに公園で友人とベルトでしばき合ってたことですね。楽しかったです。

 

ー学生時代に聞いていた音楽を教えてください。

【Vo.Kota】邦楽洋楽問わず色々聴いていましたが、主に「ONE OK ROCK」 、「Mr.children」、「Ed Sheeran」、「Bruno Mars」あたりです。雑食です。

【Gt.Yuki】学生の頃は、「AquaTimez」、「UVERworld」、V系全般、アニソンなどを中心に聴いていました。

【Ba.Kento】「supercell」というアーティストの『Today is A Beautiful Day』という曲を聴いてましたし、今も聴いています。

【Dr.Tsukasa】ジャンルとかはあまり気にせず、その時流行っていた曲を漁ってたような気がします。

 

ーいまだから言える学生の時にした一番やんちゃなことはありますか?

【Vo.Kota】バイトの時にキッチンで多めに作ってしまったふりをして食べまくってたことですね。店長と仲良かったので2人で仕方ないなって言いながら食べてました。小学生の頃も含めたらコンセントに針金を入れて爆発させたことです。

【Gt.Yuki】街で知らないおじさんと喧嘩になってしまい、学校の関係者や親が警察に集まることになってしまったことですね。

【Ba.Kento】活動をサボったりして、ライブなどバンドの方に行っていました。

【Dr.Tsukasa】特にないですね。逆にやんちゃとは何か教えて欲しいです。

 

ー学生の皆さんに学生のうちにやっとけ!と言うことはありますか?

【Vo.Kota】自分の気になることには臆病にならず片っ端から挑戦することですね。あと一つ一つ楽しむことと、その中で失敗しまくることも。学生の頃のあれこれは、大人になれば経験値として活きるし、良い話のネタになるので。

【Gt.Yuki沢山迷惑をかけることですかね。人に迷惑をかけるとどうなるか分からない人間になってはいけないと思うので、社会に出る前まだ多少許される若いうちにそれを学ぶことが大切だと思います。

【Ba.Kento】思い残すことがないくらい遊ぶことかなって思います。

【Dr.Tsukasa】ライブだったり、遊園地、美術館等々、自分の興味があるものへ積極的に触れに行くことですかね。

「BüG-TRIPPER」について

ーバンド結成のきっかけを教えてください。

【Vo.Kota】自分の中で音楽活動をしようと準備はしていたんですけどソロかバンドか迷ってた時期があって。その時に知人から “ギター弾いてる友人いるから会ってみたら?”って話をいただいたんですね。それがギターのYukiで、お互いにバンドをやろうという感じで最初は話してなかったんですけど、途中から意気投合してバンドにしようかってなったのが始まりです。そこからGt.Yukiが良いドラマーがいるってことでTsukasaに声をかけてドラムが決まって。Ba.Kentoに関しては元々高校の同級生で、地元に帰る度に呑みに行く仲だったんですけど、新たなバンドの話をした時に “ 俺もやりたい!”ってメッセージを後日くれて加入が決定しました。

その間半年以内というスピード感だったので未だに奇跡だなと思っています。

ーメンバーの皆さんのルーツとなる音楽を教えてください。

【Vo.Kota】バンドというもので初めてハマったのは「Mr.children」や「ONE OK ROCK」あたりです。そこから洋楽や様々なジャンルにハマっていきました。

【Gt.Yuki】聴いてた曲と被るところもありますが、「Aqua timez」、 「UVERworld」 、「GLAY」 、「ポルノグラフィティ」、アニソンあたりがルーツになっているかなと思います。

【Ba.Kento】初めて行ったライブは「ONE OK ROCK」のライブでした。

【Dr.Tsukasa】特に「UVERworld」と、「椎名林檎」さんに影響を受けてるかなと感じています。

ーバンド名でもある「バグトリッパー」は、バンドをやっていくことへの覚悟を感じる力強い楽曲だなと感じました。そこで、みなさまのここは曲げられないという信念や考え方があれば教えてください!

【Vo.Kota】音楽が好きという気持ちと、音楽に誰かの心を人生を変える力があるっていう信念だけはずっと揺るがないですね。 あとは優しさは強さで、弱い自分を認めてあげることで強くなれるという考え方も根底にずっとあります。

【Gt.Yuki】様々なことを白黒ハッキリさせることと、努力するということが信念ですかね。

【Ba.Kento】初心をいつまでも忘れないように活動していくことです。

【Dr.Tsukasa】自分に降りかかる全ての事象は自分の糧になるということですね。物事は見る角度と考え方次第だと思うので。

 

ー今後のバンドの目標はありますか?

【Vo.Kota】バンドとして結成当初からある目標は、タイアップ等も含め世間一般の方々にも認知され、アリーナ・ドームを埋めるバンドになることです。あと人生という “旅” を歌ってる以上、国内や海外を精力的にツアーで周りたいとも考えています。

ー3周年記念のワンマンライブが発表されましたね。そこに向けての意気込みをお願いします!

【Vo.Kota】来年の2024年2月11日(日) 原宿RUIDOにて ONEMAN SHOW “Wonderful View!!” の開催が決定しました!結成3周年を記念したワンマンライブです。

原宿RUIDOのステージの背面は全面LEDパネルになっていて、BüG-TRIPPERの楽曲を “映像” と共に楽しんでもらう1日にしようと思っています。

聴覚でも視覚でも楽しんでいただく豪華な公演にしようと準備を頑張っていますので、是非この機会にお越しください!

最新曲「花火咲く季節はあなたと」について

ー今までの楽曲に対して新たな一面の見れる楽曲になっていると感じました。楽曲制作の段階で意識した点はありますか?

【Vo.Kota】これまでより特に日本詞というところに重点を置いて書いた楽曲ですね。

日本語が持つ美しさを活かしつつ、青い恋心を夏に感じる派手さと儚さの中で描いた楽曲になります。

純粋な想いに不純物は入れたくなかったので、これまでの楽曲よりどれだけシンプルにできるか、澄んだ音と気持ちを届けられるかを意識して、サウンドも決めていきました。

 

ー花火をイメージする楽曲となっていますよね。皆さんの今年の夏の思い出を聞かせてください。

【Vo.Kota】メンバーで鎌倉・江ノ島に行ったことですね。ミーティングも兼ねて行ったのですが、色々と話して遊んでこれからが更に楽しみになった1日でした。

ちなみに今年は花火を見られませんでした。

【Gt.Yuki】今年の夏は、2か月連続で2マンライブを主催で開催したのでそれですね。

【Ba.Kento】メンバーで江ノ島に行ってミーティングしたことです。

【Dr.Tsukasa】キネマ倶楽部で好きなアーティストのライブが観れたことが夏の思い出です。

 

読者へのメッセージ

ーメンバーの皆さんが違う舞台で夢を追っていた中合流されて、今一つの夢に向かっている姿に感銘を受けました。そんなみなさんから夢に向かって頑張っている方にメッセージをお願いします。 

【Vo.Kota】どんなことでもやりたいことを始めるのに遅いなんてことはないと思ってます。どうせ後悔するなら、やって後悔する人生を選んで生きていけば、どんな結果でもいつか笑えるはず。共に自分に素直にを全力で駆け抜けていきましょう!

【Gt.Yuki】自分を含め読んでくれているあなたも、どんな理由であれ頑張ることはすごい事です。結果が伴わない事もあると思いますが、試行錯誤した時間は無駄ではありません。諦めるのではなく次に活かしましょう。そうやってこれからもお互い頑張ってどこかで会えたらお互い頑張った報告をしましょう。

【Ba.Kento】周りの人への感謝の心を大切にして、お互い頑張っていきましょう!

【Dr.Tsukasa】何事にも選択肢が多く持てるように。今だからこそ知識は宝だと強く思います。心踊る物や場所へは時間が許す限りは足を運んだり、見聞きしてみてください。いい出会いがありますように。

 

ーこの記事を読んでいる大学生を中心とした読者・ファンの方々にメッセージをお願いします。

【Vo.Kota】学生時代は自分も夢に胸躍らせながら、それを超えるくらいの不安や迷い葛藤を抱えていました。正直大人になってからもそれは変わらなかったし、生きてる限りずっと付き纏ってくるものなんだろうなって今は感じています。だからこそそれを感じないくらい行動し続けてください自分はそれを大切にしてきて、なんだかんだ1番の心の安定材になってます。

どれだけ辛くても迷ってもバカにされても腐っても歩みを止めなければ必ず大丈夫です。

僕等もこれからバンドでそんな姿を発信していくので、共にこれからもダサくカッコいい人間であり続けましょう。

プロフィール

『2021年に結成。“人生”の中で刻む一瞬一瞬を音に変え旅をする、新進気鋭の4ピースロックバンド。真っ直ぐな歌詞とキャッチーなメロに加えVo.Ibukaの唯一無二の歌声がロックサウンドと共鳴し心を震わせる。変幻自在なエモさを持った楽曲があなたの旅の1ページを彩ります。』
MEMBER ( L → R )
Ba. ​Kento Nakashima
Gt. Yuki Hidaka
Vo. Kota Ibuka
Dr. Tsukasa Matsukawa

イベント概要

名称 Next Age Music -Vol.1-
日時 2023年11月10日(金)
開場 18:15  開演 19:00
会場 Shibuya Milkyway
主催 Next Age Music Award
(AGESTOCK実行委員会)
ゲスト Arakezuri / BüG-TRIPPER / MOCKEN
チケット https://t.pia.jp/pia/event/event.do‐eventCd=2339591

プレイリスト公開!

本イベントにご出演いただく3組のバンドから、厳選して5曲ずつピックアップしました!

これを聞いて当日楽しんじゃいましょう~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。